おいしいお茶の入れ方、出し方のポイントは70度のお湯で、均等に。

お茶って、美味しいですよね。何だか雑誌なんかをパラパラ見ていると、「おいしいお茶の入れ方」なんて特集が載っていたりするじゃないですか。普通に入れてもおいしいのに、もっとお茶がおいしくなるって、興味わきませんか?おちゃって本当、飲むと「日本人で良かったー」なんて思っちゃったりするもので、凄く身近なものです。今回はそのおちゃと、おいしい茶の入れ方についてお話しましょうか。日本人ですから、おいしい茶の入れ方は是非、知っておきたいところ。そもそも茶というのは、沢山ミネラルが入ったアルカリ性の飲み物。最近、食生活が欧米化してきている私達の体は、酸性になりがち。これを中和してくれる、ありがたい飲み物なんです。カロリーも殆どないから、「緑茶ダイエット」なんていうものもあるんですよ。普段何気なく口にする缶コーヒーやジュースは、カロリーが結構あります。食事をセーブして「カロリーを抑えた!」と、ダイエットしているつもりでも、そんな飲み物を飲んでいたら、カロリーが結果加算されるんですよね。緑茶ダイエットは、酸性になった体を中和させてくれるので、その効果もプラスして、良いダイエットなんですって。そんなお茶、ダイエットにしてもおいしく飲みたいところ。おいしいおちゃの入れ方を知っていれば、もっと楽しくダイエット出来るかもしれませんね。茶の種類は様々です。緑茶は勿論、ほうじ茶、玄米茶、沢山の種類があり、産地も様々。有名どころだと、京都だったり静岡でしょうかね。色んな種類のおちゃ、どうやっておいしく飲もう。


おいしい お茶をお探しの方はこちら>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

[ナイスな情報]

50度で入れると甘いお茶に。冷茶は150gのお茶をボトルに入れて水出し3時間。

次は本題の、おいしいおちゃの入れ方についてお話します。京都、静岡のお茶は高級なものもあって、大変おいしい茶です。おいしいお茶の入れ方について、とっても大切なのはお湯の温度なんですって。京都や静岡の高級茶が手に入ったとしましょう。高級なものほど、低い温度で少なめにゆっくり入れるのがおいしいお茶の入れ方。逆に番茶だったりする場合は、熱めのお湯でどばっと注ぐのがおいしいおちゃの入れ方になるんだそうですよ。京都、静岡の高級茶は、アミノ酸がうまみを出しているから、熱いお湯で入れてしまうとタンニンが多量に出て、苦くて渋くなっちゃうんですって。●おいしいおちゃの入れ方のポイント1。アミノ酸とタンニンのバランスがちょうど良い温度が70度。そして葉っぱが開くのを待ってから、それぞれの湯飲みに均等に注いでくださいね。お湯は一度沸騰したものを使うのが、おいしい入れ方のポイント。●おいしいちゃの入れ方のポイント2。50度で入れるとアミノ酸のうまみが勝って甘いお茶になります。冷茶の場合は150gの茶をボトルに入れてそこに水を注いで3時間冷蔵庫に入れておくだけでゴクゴク飲める、子供たちも大喜びのおいしい冷茶ができますよ。色々な種類のおちゃがありますけれど、大抵この方法でおいしい茶が飲めますよ。

茶器や茶道具などお茶関連アイテムをお探しの方はこちら>>

おいしいお茶の入れ方、出し方。最大のうまみは心のこもった「笑顔」ですよね。

さて、美味しいおちゃの入れ方もわかったところで面白いことでも一つお話しましょうか。今、お茶の石鹸が静かにブームなんだそうですよ。カテキンの作用で、とてもいいといって色々なお茶の石鹸が出ています。お茶というものを分かってくると、そんな石鹸も興味深くなりますよね。通販なんかで、お茶の石鹸は買えますよ。色々な通販サイトにあります。楽天で検索するだけでも、沢山の石鹸が出てくるんですよ。茶はどうせなら、有名どころのおいしいものを飲みたいもの。そんなおちゃを通販するのと同時に、石鹸も通販なんてしてみたらどうでしょう。茶というものは、とっても繊細で、でもしっかりとしたもの。私達の日常に欠かせないおちゃですから、出来るだけおいしく入れて飲みたいものです。種類によって入れ方が異なったり、多少手間がかかったりしますが、それもご愛嬌。生活から切り外せないくらい近くにいる存在ですから、大切に心をこめて入れてみるといったやり方くらいがちょうどいいんです。「おいしくなーれ」なんて思いながら、おいしいお茶の入れ方を実践すると、いつもより違った味になるのではないでしょうか。おちゃそのものの味もそうですが、入れる側の気持ちがこもればこもるだけ、おいしくなっていくのかもしれません。お茶が嫌いな人はあまりいないでしょう。誰もがきっと飲んできているはずです。今やペットボトルのお茶ですら、おいしさを売りにしてきているくらいですからね。でも結局、人間の手で直接丁寧に入れたお茶の味には敵いませんよね。その人の気持ちが入っていれば、尚更です。おいしい茶が飲みたい、という心に茶が応えてくれるには、入れる側の心もきちんとしていなければならないんですね。おまじないみたいに「おいしくなーれ」と願いながら、おいしいおちゃの入れ方を実践してみる。それをお父さん、あるいは旦那さん、飲ませたい人の所へ持っていけば、「お、今日のお茶は美味しいね」なんて、相手もニコッとすることでしょう。最大のうまみは笑顔。いつもそんな状態で、おいしく茶を飲みたいものですね。

厳選特選の高給宇治茶をお探しの方はこちら>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 cultureたろぞう