家紋の意味合いや由来を知ると自分のルーツが見えてきます

皆さんは家の紋って知ってますか?少しなら聞いた事はあるけれど、意味までは知らない、そんな方が多いのではないのでしょうか?「家紋」で検索してみると、様々な種類のもの、画像がヒットしますよね。一覧を見ていても、色んな種類があって、由来とかよくわかんないなーと思う方に、今回は家紋の意味・由来についてお話したいと思います。
家紋というものは、自分の家系などを表に出す印みたいなもの。画像一覧などを見ても分かる通り、本当に色々な種類のものがありますよね。あれには、自分達の血統ですとか、立場・家柄などがぎゅっと詰まっているんです。これが大まかな家紋の意味です。では、何故、家の紋によってそういったものを表すようになったのか?皆さん、源氏ですとか、藤原氏、平氏、橘氏といった氏族をご存知ですか?
源平合戦などで知っているという方なども多いこの氏族達。彼らが名を世に知らしめていた時代がありました。その時に、氏族同士の区別を付ける為、木や土地や…そういう色んなものを自分達の称号として付けるようになりました。これが後々、名字になったというわけです。
その由来があったからこそ、後に「家」という独自のものを指す家の「紋」が生まれたわけなんです。


家紋の入ったネクタイをお探しならこちら>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

[ナイスな情報]

身分証明だった家紋の意味合いも明治以降は家のシンボルとして

戦国時代になると、家紋の意味合いも少し変化してゆきます。家紋は人から人へ譲られてゆくものとなり、それはとても名誉な事として扱われました。賜与(しよ)と呼ばれ、大切な儀式になったんですね。足利義輝が、織田信長の父に桐紋を譲り、そしてやがてその父から織田信長は、桐紋を譲り受けました。長興寺に行くと、織田信長が桐紋を肩につけた肖像画があるほど。かの豊臣秀吉なんて、もっと凄いんですよ。
天皇直々から、皇族のシンボル菊紋を、豊臣秀吉に授けています。これは豊臣秀吉の功績を称えての事です。豊臣秀吉もさぞや誇らしい気持ちになった事でしょう。徳川家が統括した江戸時代では、士農工商の身分制度がありましたね。その為、自分たちも家柄をきちんと区別しなくてはいけないということで、一般人も家紋というものを使い始めたんですね。そうすることで、自分や相手の身分証明の役割をもったものとして家の紋が位置づけられていったという所でしょうか。そうそう、徳川家の家紋といえば、皆さんもよく知る水戸黄門のアレですよ。三つ葉の模様の徳川家の御紋、皆さんも一度は目にした事があるのでは?
明治時代以降はじゃあどうなんでしょう。身分制度がなくなり、それまでの家柄を表わすものとしての家紋の意味合いも薄れて、人々の中では単にその家のシンボルというか、一族やルーツを表わす意味合いに変化して行き、その家のアイデンティティロゴマークのようなものとして、日常の中で様々なものにデザインの一つとして取り入れていく事になりました。喪服ですとか、お墓に家紋を入れる。そういった形で使われだしたり、割とポピュラーに、身近に、家紋を取り入れ始めたんです。

大流行戦国アイテム。家紋の入った武将フィギュアのいろいろはこちら>>

ネクタイに家紋のデザインなど。家紋のこれからの使い方は

そして現在に至るまで、私達の実に身近な所に、家紋は在り続けているんですが、最近は自分の家の紋がどんなものか知らない人も多く、ファッションの移り変わりや、暮らしの欧米化が進むに伴い、家紋は家のアイデンティティマークの意味さえも持たない存在になりつつあるようです。(つまり、自分で気に入った紋があればデザインの一つとして身に付けてもなんのこだわりもないってことですよね^^;)
ですが、日本全国どこの家庭にも、基本的には、家の紋というものはちゃんとあるんです。そして今、少し新しい動きも出ています。普段使いのものにさりげなく入れてみる、というような動きです。
例えばネクタイ。ネクタイに家紋を散りばめてみる、なんて何だか斬新じゃありませんか?控えめに入れても、冠婚葬祭に使えそうで良いですし、オリジナリティ溢れた派手目な家紋入りネクタイも良いですよね。このように、家の紋の使い方も、時代ごとに変わっていっているんですよ。
古くは平安時代から今に至るまで、家紋は在り続けています。皆さんは、ご自分の家の紋がどういうものか知っていますか?もし、ご存知ないならば、これを機会に是非、ご両親やおじいさん、おばあさんに聞いて見てください。そして、一覧表の中から探してみたり、画像を見たりして、自分の家の紋をオリジナルなファッションや愛用の道具、アイテムなどにそっと盛り込んでみてはいかがでしょうか。とってもお洒落なことjなんじゃないかと私は思います。

いろいろな家紋アイテムをお探しならこちら>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 cultureたろぞう